2015年04月13日

ずゐせんの塔

ずゐせんの塔-S.jpg
2012年8月17日。撮影を始める前にお参りをしようと決めていた場所がありました。宮城巳知子さんのご学友33名と首里高等女学校の教職員並びに同窓生の慰霊碑、ずゐせんの塔です。近くにあるひめゆりの塔の前の売店で献花を買ってずゐせんの塔に向かいました。
8月の晴れ渡る青空をバックに立つずゐせんの塔の石碑の正面には、17才になるかならないかで無念にも命を落とされた乙女たちの名前が刻まれていました。宮城巳知子の後ろで日向ぼっこをしていて爆弾の破片が肩に突き刺さり命を落とされた石川節ちゃんもその中の一人です。

道案内と運転を申し出て下さった宮城巳知子さんの娘婿、成井俊美さんが、「米須壕がすぐ近くなので、行って見ましょう」と言うので、案内して頂きました。拓郎さんと壕の入り口と道の反対側の畑をかじったワイドショットを撮り始めました。成井さんが携帯で電話をしていたので、声が入ってしまうから、離れたところで電話をするようにお願いしました。戻ってきた成井さんが「すいません。ここは米須壕じゃないみたいです。」「宮城に聞いて確認したら、ここはアブチラ壕で、米須壕ではないそうです。」ということでした。

それも仕方のないことでした。毎年夏休みには奥さんの実家である沖縄の宮城家でのんびりされていた成井さんでしたが、宮城巳知子さんが沖縄戦で瑞泉学徒隊として逃げ惑った壕を訪れたことがなかったのです。



posted by 17才 at 23:20| Comment(0) | 日記