2015年04月14日

米須壕

米須壕_4-14-15.jpg
何しろ8月、真夏の沖縄。しかも一番暑い昼下がりだったので、米須の交差点にあるコンビニに立ち寄って、一息ついてから米須壕を探して331号線を行ったり来たりしました。これといった目印もなく米須壕に通じる道が見つけにくいのです。ようやく見つけて、車が一台やっと通れる畑の中の道を入って行くと、ようやく米須壕に辿り着きました。当時とは違って壕の入り口にはポンプ小屋が建っていて、壕へ降りていく階段手前にはホースやビニールシートが無造作に置かれていました。置かれているのか、捨ててあるのか、よく分かりません。

この米須壕は、日本軍の本部壕として使われていた壕で、ここから米須交差点にあるコンビニの裏まで続いているそうです。おそらく300メートルは続く長い自然の洞穴ということになります。
私たちが米須壕に着いた時、ひとりのおじさんが来ていて、ポンプで壕に溜まる水を汲み上げ、軽トラックに載せてある大きな貯水用のポリタンクに水を溜めていました。畑へ運んで農作物の水やりに使っているようでした。

伊原壕で、宮城巳知子さんたち女子学徒隊に対して軍から解散命令が出た後、再び集まれと命じられた集合場所がこの米須壕です。
私たちが行った時は、天気雨が降っていて虹が見えてもおかしくないような天気でした。南国らしい天気の中ワイドショットの撮影を終えました。
posted by 17才 at 21:58| Comment(0) | 日記