2015年04月16日

蚊の大群

荒崎海岸_4-16-15.jpg
私が用意してきた質問を宮城さんに投げ、それに答えて頂いて撮影を進めるのですが、私の質問が終わらないうちに宮城さんが答え始めてしまうと、そのテイクは使えなくなってしまうので、質問終わりで合図をしてから答えて貰います。
お元気とは言っても、ご高齢なので、昼には撮影を切り上げ、再び米須壕に向かいました。
その日の米須壕の蚊の多いことと言ったら、すごい数で、とても撮影に集中できるような状況ではありません。近くのコンビニに駆け込み、虫除けスプレーと虫除けジェルを購入。スプレーは時間が経つと効かなくなってくるのですが、ジェルはかなり長い時間効き目が持続しました。そんな風に蚊と戦いながらこの日は天気雨のない、青空の下の米須壕のワイドショットと、重くのしかかる壕の岩肌、風になびくシダなどのカットを撮りました。

写真は米須壕での撮影の後に撮影した荒崎海岸です。追い詰められた日本兵、学徒隊、多くの住民が、被弾して命を落としたり、火炎放射器で焼き殺されたりしました。 又、「生きて虜囚の辱めを受けず」と教育されていましたので、たくさんの人が不本意にも自決しました。70年前、この美しい海岸で想像を絶する酷い光景が繰り広げられていたのです。
私たちが撮影している時にも、大阪から来たという女性教員数人のグループがこの地を訪れ、海に向かって黙祷されていました。



posted by 17才 at 21:58| Comment(0) | 日記